革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

安全性の確保

解体工事における安全性の確保

家の解体には結構費用が掛かります。隣近所の住宅などの安全にも配慮しつつ、一つ一つの作業を確実に実行しなくてはならないので、解体工事にはある程度の時間と費用は当然掛かってきます。工事そのものの流れとしてはまずは家屋や建物の面積と家屋以外の撤去物などを調査することによって明確な解体工事代金を算出します。通常は1日か2日程度で算出可能です。その後見積もりを提出し、依頼主が確認して納得したうえで正式に契約の締結となります。解体工事の当日にトラブルになることのないようにきちんとした説明を行い、契約後は官公庁への届け出を行います。解体工事を実施する家屋や建物、その他の解体工事の対象物を、依頼者同席のもとに最終チェックします。人によっては建物の解体の前に神事を希望する場合がありますが、依頼があればその手配も行います。その後工事の最終チェックを行い、近所の住宅へのあいさつもきちんとしておくことが大切です。電気やガス、電話機、メーターの撤去やトイレの汲み取りなどを行います。ただし、水道は解体工事中の散水に使用するので残すようにします。解体工事は高所作業が伴うので、足場養生の組み立てを行います。会社によっては足場養生までを自社で行うことによってきちんと安全性も管理できるうえ、コスト削減もできるという効果があります。そしていよいよ工事に入りますが、建物本体の解体を行う前にガラスや木材、瓦などのものを手作業で解体します。リサイクル処分ができるものは手作業で分別して撤去することによってごみを減らし、環境にも配慮した工事ができます。建物の壁や屋根、梁、柱などを重機と手作業によって解体します。工事によってほこりが飛ばないように、散水しながらの作業になります。最後に基礎の部分を重機を使用して撤去し、地中に廃材やコンクリートが残っていないかを確認します。撤去工事の完了後、重機を使用してもう一度確認作業を行います。撤去が終了したら、重機を使用して土地を平らにならし、さらに念入りに整地して更地にします。そしてすべての作業が終了してから工事担当責任者から最終審査を受け、現場で依頼主の立会い確認後に解体工事が完了となります。解体の対象の建物の立地条件によっては重機などが出入りすのが困難なことも少なくありません。また、工事現場の前面道路が通学路になっているような現場では、細心の注意を払って通行人の安全確保を行うようにします。