革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

求める防音性能

厚木の一戸建て住宅に求める防音性能

集合住宅ではいろいろな音で悩まされることが多いですが、音に悩まされる人は集合住宅では暮らせなくなります。その場合には厚木に一戸建てを購入するのが良い方法ですが、厚木の一戸建てには音対策として何をしたら良いのか気になるはずです。基本的には集合住宅と一戸建て住宅は全く異なりますので、基本性能の高い住宅であれば気にならないほど快適に暮らすことが可能です。地域によっても音の大きさは異なりますので、購入時には確認することが大切です。

音対策をするのは防音性能の高い住宅にする必要がありますが、注文設計により新築する場合と中古住宅を購入する場合でも変わりますし、新築の建売住宅でも変わります。基本性能の高さは年々進化していますので、中古住宅では不利な一面があると言えます。新築でも建売住宅の場合には注文設計のよう自由度はなく、基本的には現状の物件に満足して購入します。注文設計まではいらないと考える人もいますが、メリットが多いのも事実と言えます。

注文設計で防音対策を施した住宅を厚木に建てるには、どんな音を防ぐのか決める必要があります。それによって選択が変わりますので、希望を明確にすることが大切です。設計者は施主が希望しなければ把握することができませんので、設計者との打ち合わせでは音にこだわる姿勢を出すことが大切です。設計者はそれぞれにプランが変わりますし、能力の高さも違うため希望条件を確実に伝えることが大切です。

防音対策は様々な方法により実現できますが、注文設計や中古物件にかかわらず簡単にできるのがサッシとなります。窓は音の侵入口となりますので、遮音性能を高めるには複層ガラスや音を通しにくい合わせガラスも有効です。注文設計では計画段階から採用できますし、厚木に中古物件を購入した場合にはサッシの交換で対応できる場合もあります。サッシにより遮音性能を高めても、気密性の悪い住宅では効果を発揮できない場合もあります。

厚木で防音効果の高い住宅を求めるには、高気密高断熱工法を採用した基本性能の高い物件にすることが大切です。サッシでは複層ガラスの交換で対応できますが、気密性の高い住宅は音を通しにくい性質があります。断熱材を入れることでも音に対しては有効ですが、仕上げ材に吸音効果のあるものを使用するのも良い方法です。設計事務所の建築士は新しい工法や仕上げ材について把握していますので、設計時には希望を伝えるとともに防音対策の提案を受けることが大切です。”