革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

断熱性能の高さ

厚木で実現する断熱性能の高い一戸建て住宅

高性能な一戸建て住宅は魅力的ですが、耐震性能や耐久性、耐火性能や防音性能などたくさんの性能があります。一般には基本性能の高い住宅と呼ばれますが、性能の向上により工事費用も割高になるのが基本です。割高になる分は性能が向上すると考えることもできますが、費用には変えられない人には色々な工夫をすることでも対応可能です。厚木でも基本性能の高さは重要ですから、希望を重視して選ぶことが大切です。

基本性能の中でも重要となるのが光熱費などのエネルギー消費量となります。住宅は灯油やガス、電気などのエネルギーがなければ生活できませんが、エネルギー消費量を抑えれば厚木でも経済的な暮らしが可能です。エネルギーという言葉からも分かる通り、熱源や熱変換として利用した場合に多く消費する性質があります。冬場の暖房や夏場の冷房もエネルギーを熱に変えていますので、消費量が多くなってしまいます。

厚木でエネルギー消費量を考慮して一戸建てを建てる場合、高気密高断熱工法を採用するのが最適です。夏場には冷やした空気を屋外に逃がしませんし、同じように熱い空気が室内に入ってくるのを防ぐことが可能です。冬場では暖めた空気を外に逃さず効率よく暖房を使えますので、エネルギー消費量を抑えることが可能です。断熱性能が高ければエネルギーの使用料が少ない環境に優れた住宅にすることが可能です。

断熱性能にこだわると工事費用が割高になってしまいますので、基本性能の低さをカバーする工夫も必要です。一戸建て住宅では温度も窓を通して交換されますので、窓の性能が向上すれば省エネ効果を発揮します。ペアガラスに交換するだけでも熱交換を防ぐことが可能ですし、カーテンを付けるだけでも差が出てきます。厚木で一戸建てを建てる際には建築費用の関係から基本性能を高めることができない場合もありますが、それ以外からでも断熱性能を高めることが可能です。

現在では基本性能の高い住宅が多くなっているため、厚木でも快適な環境を実現することが可能です。断熱工法を取り入れた工法が最適ですが、費用をかけずにできる方法もありますので経済性や環境に応じて選ぶ必要があります。住宅購入だけではなくリフォームでも採用できますので、効率のよい方法を知るには設計者に相談することも大切です。基本性能の高さは住宅にとって必要なものですが、割高になる費用とのバランスも検討してから選択する必要があります。”