革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

解体工事にかかる期間

解体工事にかかる期間は?

解体工事にかかる期間、これは一般的に木造2階建ての延べ床面積が30坪から40坪の物件の場合には、10日から14日はかかります。もちろんこれは一般的な標準期間であり立地によっても違いがありますし、天気によっても左右されることがあります。中の素材を丁寧に分別して、その上でちゃんと解体をすればこれくらいの機関がかかるでしょう。予定工期を確認しておくことは大事なことです。なぜなら工期があまりにも短い場合には、ミンチ解体と呼ばれる工事を行っている、不法投棄をしているなどのリスクがある場合があります。

近隣の人への配慮、心遣いや建て替える予定がある場合はできるだけ短い期間で解体工事を済ませたいと思う気持ちもわかるのですが注意しなければいけません。流れとしては現場調査、見積書の確認、契約後は近隣挨拶、配管、配線撤去の手配、足場養生を組み立てる、工作物などの撤去、建物本体の解体という流れとなり、その後廃材の分別と収集、搬出ということになります。あまりに期間が短い場合は解体作業のシートや防音シート、騒音、ホコリを予防するなどの近隣への配慮が足りないこともありますので、近隣とのトラブルを防ぐためにもその点がしっかりとなされているのか確認をしたほうがいいでしょう。

そして解体工事終了後も廃材が地中に残されたままになってないかどうか、その下にコンクリートが入っていないかどうかの確認は必要です。そして最後に整地もしてもらう必要があります。地面を平らにしてならすのです。駐車場にするなら砕石などをしく、アスファルト塗装をするなど配慮しなければいけません。できれば残存物の有無を確認するために立会いをして工事完了としたほうがいいでしょう。

これから物件を解体するに当たって解体工事業者を選ぶ場合は費用ももちろん比較をすることは重要なことではありますがそれだけでなく、工期がどの程度なのか確認しておきましょう。先ほどいったように早ければいいというわけではありませんし、逆にあまりにも時間がかかりすぎるのも問題です。一般的な建物で先ほど提示した10日から14日を目安にして工期が設定されているのかどうかをきちんと確かめた上で依頼する業者を探しましょう。最近は現場調査、見積もり依頼までは無料で実施してくれるところもありますので業者を比較する際はうわべだけで判断するのではなくしっかりと見てもらって同じ条件で、解体工事内容、処分品などを見て比較をしたほうがいいでしょう。