革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

電気代を抑えるには

厚木の一戸建てで電気代を抑えるには

一戸建て住宅では生活に必要な光熱費もマンションよりは多くかかりますが、厚木でももちろん同じ状態となります。光熱費の節約をするには色々な選択肢がありますが、何に多く使用しているのか現状を把握することが大切です。一戸建てのエネルギー源は電気の他にもガスや灯油がありますが、それぞれに節約方法も異なってきます。何を節約するべきなのか現状を把握してから検討することが大切です。

厚木に限らず冬期間の気温があまり低くならない地域では、暖房にもエアコンを使用することが多くなりますが、エアコンでは電気代がかかりますので使用方法にも工夫が必要です。ソフト面で対応できない場合には、電気の契約内容を変えることも可能ですが、現在では電気がなければ生活できないほど頼りきっていますので、契約アンペアを下げるのはデメリットも出てきます。太陽光発電を導入するなどハード面での充実を図ることも良い方法です。

エアコンの使用が光熱費の負担を重くしている場合、リフォームなどで断熱性能を高める方法もあります。設備機器で対応するのではなく、建物の基本性能を高めることで光熱費の負担を抑える考え方となります。断熱性能の高い住宅は室内の温度を保つことができるため、エアコンや暖房の温度設定を下げることが可能です。使用時間も短縮できますので、電気代の節約には効果が高いと言えます。厚木の新築住宅にも断熱性能の高さを求める必要があります。

厚木で注文設計より一戸建てを建てる場合、断熱性能の高さとともにオール電化や太陽光発電を導入するのも良い方法です。使用するエネルギーが電気だけになりますし、発電された電気を使用すれば電気代の節約にもなります。既存住宅に導入するにはコストが高くなりますが、新築では建築費に含めることができますので経済的な負担を抑えることが可能です。光熱費の節約は様々な方法で実現できますが、現状とあった計画が必要になります。

電気代の節約には原因を突き止めることが基本となります。原因が分からなければ解決策が作れませんので、何に多く使用しているのか把握することが大切です。既存住宅であればできることが限られてきますが、厚木に一戸建てを新築する場合には省エネ性能の高い住宅を目指すのが最適です。エネルギーを多く使わない住宅は電気代だけなく他のエネルギー使用量も低くできますので、良い環境と経済性を考慮して計画していくことがポイントになるといえます。”